私は来年就職予定の短大生です。七月にやっと就職先がみつかりました。でもそれは私の頑張りで合格したんじゃないんです。
最終面接の日人事部のOさん(35歳くらい)と控え室で今後のことを話していました。「緊張してる」とか笑顔で聞いてくれて、私も優しいなぁって思ってリラックスしていました。
その日私はリクルートスーツでスカートだったんですが、チラチラOさんの視線を感じてたんです。そんなことを気にしていた矢先、Oさんが私の隣のソファに移ってきました…
「○○さん(私)はまだ19」
とOさん。
「はい、そうです。」
私は笑顔で答えました。
「若いなぁーいーねぇ」< br>「Oさんも全然お若いですよー」
そんな会話をしていた時、Oさんが私の膝に手を置いたんです。私はびっくりして黙ってしまいました。そして膝に置いた手を私の肩に移してスッと引き寄せ、優しくキスされました。なんだか頭がぼーっとしてきて、声が出ずされるがままに。
スーツの中のブラウスのボタンを二つはずしブラの上から胸をもまれました。そして今度はその手が私の膝頭まで下りてきて…
スカートの裾から手を入れてきました。Oさんの手はなんだかヒンヤリ冷たくて余計私をどきどきさせました。
スカートがひっかかってうまくいかなかったので「一回立って」と、またあの笑顔で言われ、催眠術のように従う私立ち上がった私のスカートをお尻まであげ、「座って」とニッコリ。それからパンティの中に手をいれオマンコのすじをなぞった後、クリを集中攻撃してきました。「んっ…」と感じてしまうバカな私こねこね摘んだり、お汁でぬるぬるなでまわしたり、ぎゅっと押されたりしました…
どうやらOさんは私をクリでイかせようとしているみたい…そう気づいたら余計感じてきて、Oさんの腕につかまっちゃいました。するとまたあの笑顔で
「きもちぃ」
と聞いてきました。コクリと頷く私あー何頷いてるんだと思っている中、腰がガクガクしてきて、Oさんの腕にしがみつきながらイってしまいました。
「かわいい」
とOさん。スカートとブラウスを直してくれて
「きっと内定もらえるよ(^-^)」
と言われ、私は部屋を出て面接会場へ。ぼやぼやの頭で面接を受けましたが、内定はもらいました。
内心、次Oさんに会うのが楽しみです。