仕事が終わり帰宅途中の時でした。最寄り駅について自宅まであと少しの時に悪夢がおきました。時間は夜の8時頃、その場所は駅から歩いてくる人もいなくなり、高い塀と公園の木が道路に覆いかぶさっている昼間でも薄暗い道路です。以前から引ったくりや痴漢が発生している危険な場所でした。でも駅からの近道である事と小さい時からよく使っていた道路であった事、そして私に限っては何も起こらないだろうという先入観があり毎日通っていました。そして悪夢の起きた日もその道を通って家路に向かっていた時です。私が歩いていて前を見ると木に隠れるように一台の白い車が止まっているのが見えました。私の会社で使っているのと同じような四角ワン ボックスカーでした。窓ガラスは黒いフィルムが貼ってあり中は見えませんでした。少し気になりましたがその日は後ろから携帯電話で時折笑いながら話をしながら歩いてくるサラリーマンの人がいたので安心感が出てきて深くは考えませんでした。そしてワンボックスカーを通り過ぎた時、その車のドアが突然開きました。後ろを振り向いた瞬間、バットが降りかかってくるのが分かりました。背中を思いっきり殴られました。悲鳴を上げる暇もなくその場に倒れこみ、激痛でうめき声を上げるのが精一杯でした。私は2人の男にワゴン車に押し込まれました。その時初めてやられると思いました。それでも私は後ろを歩いていたサラリーマンが助けてくれる事を必死に願いました。しかし、他力本願の考えは一瞬にして消え去りました。「尾行大成功。」そう言いながら後ろのサラリーマンがワゴン車に乗り込んできたのです。ワゴン車はサリーマンの運転で動き出しました。口の中にタオルを詰め込まれたうえでガムテープによって口をふさがれました。私は激痛で思うに動けない状況でしたが何とか服を脱がされないようにと抵抗しました。しかし男達は乱暴でした。少しでも服を掴んで脱がされまいとすると平気で殴ってきました。一人の男が後ろから押さえつけ、もう一人の男が前から顔や胸、腹にパンチを浴びせてきました。ちょっとでも抵抗するとそのたびに何度も何度も殴ってきました。私は抵抗を止めました。本当に殺されると思いました。車はいつの間にかどこかの建築中の鉄骨むき出しの建物の中に入りました。車が止まってからサリーマンは私のバッグの中を一つ一つ取り出していました。財布を取り出し「なんだこいつ、一万も持ってねえのか。貧乏女。」私に向かって言ってきました。「免許証は金借りる時に使わせてもらうから。それと銀行のカードの暗証番号は?」私はすでに犯されていました。仰向けに寝かされ一人の男が腕を掴み、もう一人の男が挿入を繰り返していました。「おーい!。暗証番号!」ピストン運動を一時止まりました。そして又殴ってきました。「やめてぇー。言うから。乱暴はやめてぇー」私は叫びました。「○○○○ね、全部もらうからね。」そう言うとダッショボードからペンを取り出してメモしていました。「へー、お前○○○に勤めてんだー。知ってるよこの会社。地下鉄の○○駅降りて銀行が一階にあるビルの5階だろ。」社員証を見ながら言っていたようです。場所は的中していました。私は氷つきました。何故、私の職場を知っているのでしょか、ひょっとしたら私の職場に来た事があるのではないか、もしくは私に恨みでもある?そう考えると瞬時に職場の人間、そして会社に来るお客さんの顔を思い浮かべました。すぐに思い当たる人はいませんでした。しかし男の人全員が怪しく思えてきました。「へー、男の人一杯登録してあるんだなー。」私の携帯電話を見ながら言いました。「この男全員セックスフレンドか。お前やりマン女だったのか」ピストン運動は再び激しくなっていました。「そんな訳ないよな。お前よく見るとデブで不細工だもんな。男の方が逃げ出しちゃうよな。セックス出来て嬉しいだろ。」私は悔しくて悔しくて涙が溢れ出てきました。「気にする事ねえぞ。中で出しちゃえ。」サラリーマンの男が言いました。「さてとそろそろ俺もやるかな。だけどこんな女じゃ立たないかもしれねー。」サラリーマンが運転席を一度降りてワゴン車の後ろを空けました。「車から降ろせ!」サラリーマンがそう叫ぶと男二人は私を車から蹴落としました。「あ~あ、もっとましな女ねらうべきだったなー。これだったら自分でオナッテタ方がよっぽどましだったよ。」それが聞こえた瞬間、私は裸でサラリーマンに飛び掛りました。サラリーマンの首を絞める為に全身の力を振り絞りました。「お、まだまだ元気じゃねーか。そんなに俺とやりたかったのか。」しかし、直ぐに3人の男に押し倒され再び殴られました。結局3人の男に何度も犯され続けました。何時間、犯され続けられたでしょう。二時間、三時間それ以上。とにかく長かったです。気がつくと男三人は脇に座ってタバコを吸いながら話をしていました。「一応、写真とっておけ。」そう聞こえたような気がしました。一人の男がワゴン車に入りカメラを取り出してきました。シャッターの音とフラッシュの光線が長い間続きました。その間足を無造作に広げたり踏みつけた写真を撮ったり立たせたりと事務的に撮っていました。私はなされるがままで抵抗する気力はありませんでした。「もういいだろう。そろそろ行こうぜ。」最後にサラリーマンが言いました。「この事を警察に言ったら写真がどうなるか分かっているだろうな。特にお前の職場は俺のよく知っている所だから」そう言うと私の顔に唾を吐きかけました。男達は私を残して車に乗り込みました。服だけを窓から投げ捨てて去って行きました。その後の私はどうなったのか分かりません。気がつくと私は病院にいました。誰かが助けてくれたのでしょう。隣で母が泣き崩れていました。女性の刑事もきました。私は全てを話しました。彼らは数週間後に捕まりました。その後、写真はデジカメに入ったままでパソコンへの取り込みや現像した形跡は無かったそうです。私の職場を知っていると言ったのは脅しにインパクトをだす為に尾行したサラリーマンの知ったかぶりと分かりました。