みなみは23歳のOLです。何不自由なく育ち世間ではお嬢様でとおっています。去年の夏のあの夜の事さえなければ、今も幸せに暮らしていたはずです。夕方からの激しい雷雨の中、私は途方に暮れていました。週末を一人で過ごした伊豆の別荘からの帰りでした。途中の山道でのパンク、そして激しい雷雨。どうにもならないのでその場で雨の上がるのを待っていました。でもかなりの長い時間降り止みませんでした。「家に帰るの遅れます」と家にはTELをしました。タイヤを交換すればいい、というのはわかっているのですが・・・やったこともないし、一人でできるのかどうか・・・ただでさえ人も車も通らない道。どんどん陽は暮れていき、あたりは真 っ暗です。雷雨も収まるどころか、ひどくなる一方です。そんな時に、助けが現れたんです。三人の男性が通りかかって事情を察し、タイヤを交換してくれたのです。まだ雨の降りしきる中で。交換し終わると四人ともずぶ濡れです。そこで私は別荘までもどって シャワーもらって何か着替えてもらおうと思い、ニ台の車で別荘まで戻りました。三人にシャワーして貰い、着替えてもらいました。そしてお礼を言って三人を送り出したんです。それから私もずぶ濡れなのでシャワー室に入りました。身体を洗ってシャワー室からバスタオル一枚で出てきました。そこからが悲劇の始まりでした。三人がいるんです。今、見送ったはずの男性が三人、私の前に立ちはだかっています。いきなりバスタオルをむしり取られました。男三人です、抵抗しても無駄とはわかっていても・・・床に裸身を押さえつけられて かわるがわるに犯されてしまいました。それだけでは終わりませんでした。彼らは2回戦だと言って、また今度はアナルを犯しにかかりました。みなみ、勿論アナルなんか入れられたことありません。スムーズには入りませんでしたが 唾液をつけたりしてとうとうアナルに入れられて、痛くて泣き叫びました。三人全員にアナルも貫かれ、私は立ち上がることもできませんでした。裸のまま床に転がされました。大きく脚を広げられて、写メで何枚か裸を写されました。そして彼らは帰っていきました。