早くに両親を亡くし、叔父の家で育てられました。実の子供同様に扱われ、特に寂しい思いをしたことなどはありません。高校2年の時、酔って帰ってきた叔父が私の部屋に来て、はじめはふざけて抱きついたり体に触ったりしていました。ところが次第に叔父は興奮してきて、私の服を脱がしてしまうと本気で覆い被さってきて、遂に抱かれてしまいました。それから叔父はしばしば私の部屋を夜に訪れ、私の体を求めました。誰にも相談することもできず、私はされるままでした。汚らしく、恥ずかしく、嫌で嫌で仕方ありませんでしたが次第にその行為の快感を体が覚えていくのを、止めることはできませんでした。そんな関係のまま、叔父は私を短大まで出さ せてくれると、叔父の経営する広告会社に勤務させるようになりました。全社員10人余りの小さな事務所でした。他の誰とも付き合うことなく、叔父だけと濃密な関係を続けていました。叔父の長男・・・私の従弟がその頃高校生になっていました。ずっと姉弟同様に育てられたのですが、その従弟が叔父と私の関係に気づき「汚らしい」と私を罵るようになりました。ある夜、叔父が留守だった際、些細なことから激昂しはじめて、「どんな風にして親父とやってるんだ」「いつもどんな格好でやってるんだ」などと言ってからみ、答えないでいると私を殴って服を引き剥がしました。そのまま押さえつけられ、暴力的に犯されてしまいました。その後も叔父の留守には従弟は専横に振舞うようになり、私を「メス豚」と呼んで、逆らうと暴力を振るいました。しばしば私は裸にされ、跪いてフェラを強要されたり、四つん這いにされて後ろから犯されたりしました。そればかりか、あるとき昼間に三人の同級生を連れてきて私を部屋に呼び、「これがメス豚だよ」と彼らに紹介しました。その場で服を脱ぐよう言われました。私は逆らうことも全くできず、彼らの前で全裸になり言われるままに性器を開いて彼らに見せました。その後、一人一人にフェラチオをし、代わるがわる犯されました。口にも、性器にも、彼らは幾度も幾度も射精しました。そんなことが何度かあって、いつの間にか叔父も私と従弟の関係に気づいたようでした。叔父はむしろそのことを、私の叔父に対する裏切りと取ったようで、態度は冷酷になり、私の体に触れることもなくなりました。私が従弟の玩具にされるのを、知らないふりで放任するようになりました。その年の社員旅行の席で、叔父は私に復讐をしました。夜の宴会の席で、「この女は最近思いあがってるから、お仕置きしてやらないといけない。」と言い出し、みんなの前で裸になるよう命じました。女性事務員は私の他にはずっと年配の女性が一人だけ、(この人もかつては叔父の愛人であったようです)後は男性ばかりの席です。私が立ちすくんでいると予め打ち合わせができていたのでしょう、何人かの男性社員が、私を後ろ手に縛り、床に寝かせて浴衣を脱がせていきました。すっかり裸にされ、みんなで体に洗濯バサミをつけたり、性器に異物を入れたり、陰毛を剃って写真をとったりして弄んだ後、一室に運ばれて、そこで全員の社員に順番に犯されました。朝まで代わる代わる抱かれて、時々裸で部屋の外に連れ出され四つん這いで歩いて浴場に連れて行かれ、そこで体を洗わされたり、フェラチオをさせられたりしました。旅行から戻った後は、私にはほとんど仕事は与えられなくなって、代わりに来る日も来る日も全社員の性欲処理をさせられるようになりました。ほとんど毎日ノーパンで過ごし、誰かに「おい、便所行くぞ」と言われたらついて行ってトイレの個室で社員にフェラチオをし、あるいは立ったまま壁に手をついてお尻を突き出して、背後から挿入されるのです。一日に何人も相手をします。時々は、取引先の会社などに何かのお届けものを持っていったりします。そうした際もノーパンで、予めこちらから連絡が行っているので、取引先の方も私を玩具として扱います。先方の言われるまま、その場でストリップをしたりオナニーをして見せたりした上、時には複数の相手に抱かれます。時には夜も接待につれていかれて野球拳をしたりストリップをしたり、気にいられればそのまま誰かに抱かれる。そうでなければ、誰か社員の遊びに付き合わされて、野外プレイをさせられたり、電車の中で痴漢プレイをしたり。社員の中には自分の小遣い稼ぎに、そういったプレイの好きな方に私の体を提供させたりする者もいました。休みの日も家にいれば、従弟とその友人たちの玩具です。 疲れて、昨年黙って家を出ました。頼る人もないので、結局風俗の世界に入るしかありませんでした。ピンサロ、イメクラなどに勤め、最後はSMクラブに落ち着きました。私は今のところM嬢専門です。本番はない店なのですが、私はかなりしばしば本番までさせてしまうので、お客さんもついてきています。